Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

RealScapeステレオ処理システム

RealScapeシステム体系

利用例1:土地利用調査

建物の新築、滅失、改築と土地利用の変化を調査し都市計画の基礎資料として活用 RealScapeを利用することにより業務の効率化と経費削減を実現

利用例2:家屋異動調査

日本のある自治体では、固定資産税(不動産にかかる税金)徴収のため、毎年建物異動調査を実施。新築建物、滅失建物、改築建物の抽出にRealScapeを活用している。

導入メリット

  • 高さと色によるシステム自動抽出を行うので客観的に変化抽出
  • 家屋異動判読時間を短縮
  • 抽出精度が向上 ⇒ 税収アップ
  • 地番家屋図を簡単に修正可能

利用例3:国土基本地図作成

RealScapeとJ-Mapperの連携で高精度が要求される国土基本図作成を効率化

  • J-Mapper従来の地図作成システムと比較し操作が簡単〔建物自動図化〕
    • 地図作成作業をワンシステムで完結〔従来は工程毎に違うシステムで処理〕
  • 3D液晶ディスプレイが利用でき明るく鮮明な立体視で疲労度を軽減


RealScapeとJ-Mapperの利用で国土基本地図を約30%効率化

利用例4:カーナビ地図作成

利用例5:景観保護地域の建物標高調査

利用例6:航空障害物調査

RealScapeで航空障害物を自動抽出 今まで不可能であった広範囲にわたる航空障害物調査が可能に

利用例7:電波障害調査への活用

RealScapeで生成した建物の標高データを自動分析し周辺の建物の  影響で電波障害が予想される地域を自動抽出

利用案例8:制作立体地图

詳細は下記の窓口までお問合せください:

ITサービス事業本部 政府公共ソリューション事業部
TEL:(010)59342607