Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

物流販売システム

生産販売型企業にとっては、如何に情報システムを有効に活用しうまく利用して、販売と生産の矛盾点を解決し、地域ごとの在庫バランスを取り、売掛金の現状を把握、企業の顧客情報を解析することなどは企業の競争優位性を向上する為の重要な経営課題と関心ごとになっています。

NECSLの販売物流管理システム――「NEC-PRO-LODIC」を利用することによって、企業の管理者はタイムリーに物流における各段階の業務プロセス、業務データ、問題点を全体的に把握できます。またシステムからの業務統計データ集計の分析と評価によって、正しく意思決定することができます。

第三回中国国際ソフト展会において、当システムはその優れた機能が評価され「優秀製品賞」に表彰されました。

このシステムは下記のように四つのサブシステムから構成されています:

一、本部全体管理システム

  1. 製品、店など各基本情報の統括管理
  2. 販売と会員獲得目標の計画制定
  3. 製品注文、割当、確認と物流指示
  4. 各業務データの検索分析
  5. 月末処理と集計レポート印刷
  6. 財務、人事などシステムとの密接なる連携緊密に連携

二、各地域中心(各地営業所)管理システム

  1. 所属店の製品発注注文、納品管理
  2. 所属店の業務データの検索分析
  3. 所属店の目標管理
  4. 所属店の販売人員の管理

三、倉庫配送(区域)管理システム

  1. 製品のに入出庫処理
  2. 在庫棚卸と差異の処理
  3. 返品の収集再処理

四、各販売ネットワーク(専門店、展示店)管理システム  
 
販売管理

  • 製品販売管理
  • 製品在庫管理
  • 販売目標に対する実績管理
  • 各セールスマンの販売実績管理
  • 注文書、引渡し管理、各会員の販売実績管理

会員管理

  • 新規入会登録
  • 会員履歴データ管理
  • 会員数目標と実績の対比
  • 各セールスマンの会員数目標管理

顧客情報分析管理

  • 会員/非会員分析
  • 会員消費累計統計
  • 販売促進

販売情報分析管理

  • 販売実績日報
  • 各月間販売実績統計
  • 各期間販売、返品、在庫の統計分析

その他

  • 返品管理
  • 在庫管理
  • 補助管理

NEC−PRO−LODIC企業販売物流管理システムの特徴  
 
1. 販売/在庫データをはタイムリーに正確に収集

  • 毎日、本部は各販売店とデータ交換を行い、販売、在庫、注文、顧客実績情報等を収集
  • 販売店のデータを統計、分析する

2. さまざまなハ−ドウェア−を使った販売店のソリュ−ションを提供

  • PCを使用するケ−ス
    PCで販売店情報のを管理を行う場合のメリットとしては、柔軟に移動ができる比較的操作が簡単にできるという点ですこのケ−スではPSTNの方式で本部と繋ぎますぐ
  • 移動端末を使用するケ−ス
    携帯電話やPDAなどで販売店からの情報を管理場合のメリットとしては、PCよりも更に低価格で、かつ柔軟な移動ができ操作も簡単にできるという点です。このケ−スではGPRS/CMDAで本社と繋ぎます。
  • SMSを使ったケ−ス
    携帯電話のメール機能を利用した方法で、メリットとしては、最も低価格で実現可能であり、操作も簡単にできるという点ですが、デメリットとしてはデータ量がは限られる点があります。


3. 情報共有の実現

  • 本社はタイムリ−に販売、在庫などの情報を把握することができます。その結果、正確な生産、仕入れの計画立案が可能になります。
  • 各地区の在庫不均衡の状況をタイムリ−に発見することによって、タイムリ−な在庫調整や発注処理が可能になります。
  • 第3者の物流センターとの情報の連携のはペーパーレス化がを実現可能になります。タイムリ−かつ正確な配送、調整などの指示を出すことによって、大幅に物流配送の効率化を実現します。

4. 他ほかの管理システムとの連動(財務、人事、購買/生産等)

  • 生産システムとの連動:仕入れ/生産情報の自動登録が可能です。
  • 人事システムとの連動:人事情報をがタイムリーに更新可能です。
  • 財務システムとの連動:請求、支払情報を自動生成できますする。関係 情報のオンライン検索が可能です。

詳細は下記の窓口までお問合せください:

Tサービス事業本部 流通サービスソリューション事業部

  北京:(010)59342325;(010)59342327;(010)59342339
  上海:(021)23293171;(021)23293165
  营业支援: (010)59342346;(010)59342347;(010)59342348