Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

NECが中国・安徽省公安庁に自動指紋認証システムを納入

時間:2011-07-11

NECは先日、上海で主催する「2011NEC新規マーケッティングソリューション」にて、中国・安徽省公安庁に遺留指紋データから犯人を割り出すことを目的とした大規模の自動指紋認証システム(AFIS、注)を納入したと発表しました。

今般、NECが導入したシステムは、犯罪捜査や犯人照会を支援するため、登録されている押捺データや犯行現場から採取された指紋データを用いて自動照会を短時間で処理することが可能になっております。既に安徽省公安庁および安徽省内にでは1,800台以上の端末を導入ており、今後更に約500台の端末を省内に展開する予定になっています。このシステムは中国における最大規模の自動指紋認証システムであり、1,000万人以上の指紋データの登録が可能となっています。実績としてシステム導入後、3ヶ月で昨年1年間のヒット数を上げています。

従来中国では、小規模なシステムかつ独自のシステムが中心に展開されており、今後省間連携が難しい状況になっています。また今後、犯罪が省内だけではなくさらに広範囲にて行われている状況もあり、省間連携可能でかつ大規模なシステムの導入を求める声が広がっています。

今般、中国・安徽省公安庁に導入した自動指紋認証システムの特長は次の通りです。

  1. 中国初の1,000万人以上の指紋データを有する最大規模のシステム
    現在中国で導入されている自動指紋認証システムは、多くが500万人以下の押捺や遺留指紋により指紋データを登録が可能になっているが、今回のシステム導入より、1,000万人以上の指紋データの登録およびフル照会が可能になった。
  2. 平均30秒で指紋データの照会を実現
    当社の指紋照合装置を用い、1,000万の押捺指との照合を平均30秒で行うことが可能となった。照合時間を短縮することにより、お客様の業務を効率化することができただけでなく、世界最高レベルの指紋照合技術を用い、高精度な照合を実現することができた。

NECの指紋照合システムは、世界最高レベルの照合精度に加え、高速かつ大量のデータ照合が必要とされる大型システムへの対応も可能であり、これまで世界30カ国以上での販売実績を有しています。NECでは、これからもパブリックセーフティ事業分野をさらに強化し、今後も安心・安全な社会の実現に貢献していきます。

以上

(注)AFISは、Automated Fingerprint Identification Systemの略。